猫トイレ本体の洗い方と頻度は?洗剤でおすすめは掃除でも使えるアレ!

猫トイレ本体の洗い方と頻度は?洗剤でおすすめは掃除でも使えるアレ! 猫トイレ

皆さんは、猫トイレはどう掃除していますか?

雑菌が増殖しやすいトイレは、猫砂を変えるだけではまだ不衛生です。

じゃ、どうするか。

飼い主
飼い主

月に1回、トイレ本体をやさしく洗いましょう~🎵

という結論になります。笑

一番のおすすめは、おしっこの成分であるアルカリ性と中和してくれる弱酸性の洗剤【クエン酸】を使うと汚れとニオイをW(ダブル)で取り除けます。

つけ置き洗いする方法なので、トイレ本体はお風呂で洗うとすすぎ洗いなどもできて便利です。

毎月1回使い続けるものだから、お金をかけなくてもきれいになる方法をご紹介しますね^^

猫のトイレを掃除する必要性

肉食動物は、草食動物よりうんちやおしっこのニオイが臭いとされています。

ボクのママ
ボクのママ

猫も立派な肉食動物なので、排泄物のニオイは臭いんでしょうね。💦

きれい好きな猫は、たとえ自分の排泄物のニオイであっても、臭いものが嫌いなので猫砂だけではなくトイレ本体についたニオイも取り除くために定期的な丸洗いが必要なんです。

せっかく猫砂を全入れ替えしても、トイレ本体にニオイが残っていると、トイレを使ってくれない場合もあるので頑張って洗いましょう!

ボクのママ
ボクのママ

うんちやおしっこを我慢してしまうと、泌尿器系の病気を発症するかもしれないから、トイレの丸洗いはとても大事なんです。

泌尿器系の病気でも特に腎炎は猫の死亡原因で1番多い「慢性腎不全」を引き起こすこともあり、非常に危険な病気なので、しっかりと日頃から予防していきましょう。

猫がきれい好きな動物で、汚れたトイレを嫌うことが証明された論文を2つ紹介します。

     

猫のトイレを丸洗いする頻度

猫砂の交換頻度については、猫がうんちやおしっこをしたら、排泄物と一緒にまわりの砂もまとめて片付けていますよね。

猫砂も空気に触れていると、片付けていても雑菌が繁殖するので定期的に砂の総入れ替えを行ってください。

猫トイレの丸洗いする頻度については、最低でも1ヶ月に1回のペースで定期的に丸洗いしていきましょう。

「猫砂を頻繁に総入れ替えしているから、トイレ本体は汚れていないでしょ?」と疑問に思ったあなた。

ブーッ!トイレ本体にもニオイはついてますから~。

ボクのママ
ボクのママ

人が使っているトイレだって丸洗いしてなくても、洗剤使って定期的に掃除してるでしょ?ってことです。^^

    

猫のトイレの洗い方

猫が舐めてしまっても大丈夫な専用洗剤などを使って、スポンジで汚れやニオイを落としていきます。

※スポンジも、猫のトイレ専用のスポンジを作って、洗っていきましょう。

  1. 猫砂を全て出して、お湯をトイレ本体に注ぐ
  2. 汚れが浮いてきたらお湯を全て捨てて、スポンジで洗う
  3. ニオイが気になるときは、クエン酸や重曹を使って消臭する
  4. 天日干しで完全に水気をとる
  5. 仕上げ

今回は、基本的な洗い方の手順をご紹介しますね。

       

①猫砂を全て出して、お湯をトイレ本体に注ぐ

猫砂を全て出して、お湯をトイレ本体に注ぎましょう。

本音は熱湯で煮沸消毒したい気持ちですが、猫トイレの大半は熱に弱いプラスチック素材なので、熱湯はあきらめましょう。

トイレに入っている猫砂を全て取り除き、人肌ぐらいに温まったお湯を注いで、汚れが浮いてくるまでつけ置きしてしばらく待ちます。

ボクのママ
ボクのママ

トイレ本体の丸洗いするタイミングで猫砂の総入れ替えも行うといいので、取り除いた猫砂はお住まいの自治体ルールに従って廃棄しましょう。

この時、猫トイレ専用の洗剤(重曹でもいいよ🎵)がお手元にあれば、トイレに注いだお湯に混ぜて着け置きすると効果が上がります。

    

②汚れが浮いてきたらお湯を全て捨てて、スポンジで洗う

汚れが浮いてきたらお湯を全て捨てて、スポンジで洗いましょう。

最近ではペット専用の洗剤も販売されていますが、洗剤はなくても構いません

人用の洗剤は、芳香剤が含まれているものも多く、ニオイに敏感な猫にとってはストレスの元になりますので、使用は控えましょう。

\猫がトイレを舐めても安全‼/
\洗剤を使わなくても汚れもしっかり取れる/

フッ素のちからで、洗ったあと汚れにくいし、ニオイを抑えられてコスパ最強グッズです(^▽^)/

     

③ニオイが気になるときは、洗剤を使って消臭する

スポンジで洗うだけだと、汚れは取れてもニオイが気になる人もいらっしゃると思います。

その場合、ニオイをとるためには、洗剤を使って消臭しましょう。

     

洗剤①クエン酸

酸性のクエン酸とアルカリ性のおしっこのニオイが中和して、ニオイの元から消してくれる作用があります。

雑菌の繁殖を抑える殺菌効果もあるため、汚れと消臭除菌が同時に行える優れものです。

クエン酸の使い方
  1. 水か人肌程度のお湯(40度ぐらい)200mlに対して、クエン酸を小さじ①溶かします
  2. クエン酸を溶かしたお湯をトイレに注いで、30分ほど浸け置きします
  3. 注いだお湯を全て流した後、新しいお湯を注ぎながらスポンジでこすり洗いをする
  4. 汚れがとれたら、最後に新しいお湯で洗い流す
ボクのママ
ボクのママ

クエン酸は、スーパーなど手軽に購入することができるし、猫トイレ以外でも、掃除に使えるから買い置きしていくと便利だよ。

むー
むー

それに、クエン酸は厚労省が定めた安全基準を満たしていて、安心・安全だニャ。

    

洗剤②重曹

消臭効果のある重曹を水に溶かした液を、トイレ本体にかけて消臭することができます。

使い方の基本は、クエン酸とほぼ同じ内容になります。

重曹の使い方
  1. 水か人肌程度のお湯(40度ぐらい)200mlに対して重曹を6g溶かします
  2. 重曹を溶かしたお湯をトイレに注いで、30分ほど浸け置きします
  3. 注いだお湯を全て流した後、新しいお湯を注ぎながらスポンジでこすり洗いをする
    汚れやニオイがひどいときは、スポンジに重曹を直接ふりかけてこすりましょう
  4. 汚れがとれたら、最後に新しいお湯で洗い流す

重曹も、クエン酸と同じで手軽に買うことができ、他の場所の掃除にも使えるので、こちらもおすすめです。

    

洗剤③オキシクリーン※酵素系漂白剤

洗剤の安全面で考えるなら、オキシクリーンに含まれる界面活性剤や香料が無添加な日本製の商品をおすすめします。

汚れを何としても落としたいんだー!

と汚れが落ちやすい洗剤がお好みの方には、一般的にアメリカ製品がよいとされています。

オキシクリーンの使い方
  1. 人肌程度のお湯(40度ぐらい)をかけながら、スポンジで軽く洗い、オキシクリーンを猫トイレに直接ふりかける
  2. ふりかけた猫トイレの中にお湯を入れる
    ※だんだん泡が出来てくるので、そのままつけ置きする
  3. しばらくの間つけ置きしたら、お湯で洗い流す

※補足※

プラスチック素材でできた猫トイレ本体の取説には「中性洗剤で洗ってください」と記載されていることが多いです。

しかし、今回紹介しなかった理由は、香りがついているタイプが多いため。

臭覚の優れた猫にとって人工的なニオイは嫌がりますが、無香料の中性洗剤(台所洗剤など)を使うのはまったく問題ありません。

猫のおしっこがアルカリ性のため、中性よりアルカリ性と中和してくれる弱酸性の洗剤のほうがおすすめです

ノアル
ノアル

中和すると、汚れやニオイが落ちやすいんです!

      

④天日干しで完全に水気をとる

きれいに洗ったあとは、タオルなどで水分を拭き取り、完全に水分をとるように天日干しします。

天日干しは、紫外線の殺菌効果も期待ができるので、天気の良い日はおすすめです。

ボクのママ
ボクのママ

じゃ、天気が悪い日は、どうしたらいいの?

冬の時期の雪国地域は特に晴れた日が少なくて困りますよね。

天日干しが難しいときは、タオルなどで水分をふきとったあと、ドライヤーでかわかすこともできます。

ここで1つ注意点として、猫トイレはほとんど熱に弱いプラスチック素材なので、ドライヤーの熱は直接当たらないように乾かしてくださいね

ボクのママ
ボクのママ

できれば、天気が晴れてる日に丸洗いするといいね。

     

⑤仕上げ

完全に乾かした猫トイレ全体に、仕上げとして消毒用エタノールを吹きかけておくと除菌ができます

ただし、消毒用エタノールをふきかけたときは猫砂が湿気ないように、完全に消毒用エタノールが揮発してから猫砂をいれてください。

     

猫トイレを洗うとき2つの注意すること

https://muuchanmama.com/ノアルブログ

猫トイレを洗うとき注意することは、以下の2つです。

  • 人用の洗剤は使ってはだめ
  • 硬めのスポンジでゴシゴシ磨かない

2つの注意することについて、カンタンに解説します。

     

①人用の洗剤は使ってはだめ

人用の洗剤は使ってはいけません。

人用の洗剤や溶剤は、香りが強い商品が多いから。

冒頭で「猫トイレはお風呂場で洗うのがおすすめですよ」とお伝えしました。

お風呂場付近には人用の洗剤がたくさん置いてあるご家庭も多いと思います。

ボクのママ
ボクのママ

お風呂の浴槽用洗剤やボディソープなど、基本的に人が使う洗剤や溶剤全般がだめなの。その理由を説明しますね。

人より嗅覚が優れている猫は、洗剤や溶剤に含まれている香料やアロマの香りを嫌がります。

香料やアロマの香りは完全に洗い流したとしても、猫トイレに残っているかすかなニオイを猫が察知してしまい、猫トイレを使ってくれなくなるかもしれません。

ボクのママ
ボクのママ

人にとっていい香りでも、猫にとっては有害なものがあるので、絶対には使わないで💦

     

②硬めのスポンジでゴシゴシ磨かない

硬めのスポンジでゴシゴシ磨いてはいけません。

猫トイレの多くはプラスチック素材のものが多く、硬めのスポンジでゴシゴシ磨きすると、表面に細かい傷がつきやすいため。

「汚れをしっかり取りたいから、タワシでゴシゴシ洗えばきれいになるはず!」

気持ちはすっごくわかります、でもやってはいけません💦

ボクのママ
ボクのママ

傷ができると、傷に雑菌が繁殖したりするので、柔らかいスポンジでやさしく洗ってくださいね。

やさしく洗っても、洗い方の手順さえ間違えなければ汚れは落ちるので安心してください。

     

まとめ

今回は、猫トイレ本体の洗い方と頻度について解説しました。

草食動物より排泄物のニオイが強い肉食動物の猫ですが、猫自身はきれい好きで繊細な動物なので、トイレは常に清潔を保たなければいけません。

うんちやおしっこを取り除くだけでは、猫砂にのこった雑菌が猫トレイ本体に感染することが多いので、月に1回は猫トレイ本体の丸洗いを行ってください。

猫トイレ本体の丸洗いは、人用の洗剤は使わず、猫用の洗剤やクエン酸・重曹などを使って洗いましょう。

猫トイレの素材が熱に弱いプラスチック商品が多いので、お湯の温度には気を付けてください。

月1回の掃除が猫の泌尿器系の病気予防になることもあるので、きっちり管理していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました